全国共済農業協同組合連合会 和歌山県本部

トップへ戻る

採用学歴:

  • 大学院
  • 大学
  • 短大
 

全国共済農業協同組合連合会 和歌山県本部
ゼンコクキョウサイノウギョウコウドウクミアイレンゴウカイ ワカヤマケンホンブ

エントリー
業種 金融/その他金融
本社所在地 和歌山県 和歌山市 美園町五丁目1番地の1 和歌山県JAビル 地図
関連リンク
ここがポイント!
  • 相互扶助(助け合い)の精神を形にする組織
  • 暮らし全般にかかわる「ひと・いえ・くるま」の総合保障をサポートする専門家集団
  • 日々成長できる職場環境と充実した研修体系

企業からのお知らせ

JA共済ホームページにてプレエントリー受付中!

JA共済ホームページから必ずプレエントリーを行ってください。
セミナーをご案内いたします!!

助け合いの精神で人や地域を支え、未来を創る安定の組織

全国共済農業協同組合連合会 和歌山県本部

 JA共済連和歌山が扱うのは、JA(農業協同組合)の組合員や地域の人々が加入する「共済」。共済とは、病気やケガ、災害などの万が一に備え、互いにお金を出して支え合う事業です。その仕組みは保険とよく似ていますが、利潤追求を目的としていない点でそれとは異なります。もともとJA共済は、零細な農家が助け合いを目的に、自分たちの手で立ち上げたもの。「商品」である保険とは成り立ちが違い、「一人は万人のために、万人は一人のために」という相互扶助の精神が貫かれているのです。
 また、地域や組合員の暮らし全般に関わる「ひと・いえ・くるま」の総合保障も、JA共済ならではの取り組み。JAと共済連は別組織でありながら、一緒になって共済事業を作り上げ、上下関係ではなく互いに補完し合う関係を築いています。和歌山県内にある8つのJAはそれぞれ個性があり、共済連との関係もさまざま。そこにも面白さがあるといえるでしょう。

設立 1951年
資本金 7567億円
代表者名 和歌山県本部長 岡 久雄
従業員数 70人 (2016年11月実績)
事業内容 ● JAの普及推進活動の企画・支援
● 損害調査・支払査定
● 契約保全・事務指導
● JAの体制整備の支援
前年度の育児休業取得対象者数(男女別) 計4名(女性1名、男性3名)
前年度の育児休業取得者数(男女別) 計1名(女性1名、男性0名)

JA共済連とは?

JA共済連とは?
「万が一」をサポートする国内有数の専門家集団

 営農指導や販売・購買をはじめ医療・福祉、貯金・融資に至るまで、農家を中心とする組合員の生活全般を支援するJA。その総合事業の中で、病気やケガ、災害などの万が一に備えた「保障」分野をサポートする専門家集団、それが私たちJA共済連です。
 組織はJA同様、組合員の組合員による組合員のための協同組合組織で、中央機関である「全国本部」と47都道府県に設置されている「都道府県本部」から構成されています。
 その中でJA共済連和歌山は、県内にある8のJAの共済事業を全面的にバックアップ。県域の契約引受や共済金支払いの実務に加え、普及戦略の策定や事務指導などを行っています。
 現在、JA共済全体の保有契約高は約273兆円と国内有数の事業規模を誇り、総資産約55兆円。その巨大な数字が示す通り、JA共済連は多くの人々の生活と人生、将来の安心を約束しているのです。

働きやすさと低い離職率

働きやすさと低い離職率
2014年から広くて新しい事務所に一新

 協同組合とは、営利を目的とした企業でもなければ、国や自治体などの行政機関とも違います。自らが立ち上がり、共に手を携えて社会や地域、生活をよりよく変えていこうとする組織。それが、JA共済連です。ですから、すべての職員はお互いを助け合いながら、共に歩んでいくことを組織の理想としています。一人ひとりの人間性や個性を尊重し、啓発し合い、やりがいと誇りを持って働ける職場を目指しているのです。
 実際、JA共済連の3年後離職率は、全国平均のわずか10分の1とたいへん低く、その数字が職場の働きやすさを物語っていると自負しています。
 また、JR和歌山駅前に、新しい和歌山県JAビル(和歌山市美園町)が竣工。JA共済連和歌山も2014年より同ビルで業務を行っています。新しい事務所で心機一転、今まで以上に風通しの良い職場で新入職員を迎えたいと思っています。

社会貢献活動

社会貢献活動
森林保全活動「絆の森」をはじめ多彩な活動を実践

 JA共済連が行っているのは、万が一に備える「共済事業」だけではありません。その“万が一”を未然に防いだり、事故や被災後の相互扶助活動を行う「社会貢献活動」も積極的に実施しています。
 例えば、子どもや高齢者を対象にした交通安全教室、介助犬の育成、リハビリテーションセンターの運営のほか、健康管理増進活動、災害救援活動など、その活動範囲は多岐にわたります。
 とくに、助け合いの精神を伝える文化支援活動として実施している、小・中学生を対象とした「書道・交通安全ポスターコンクール」は全国でも最大級の規模を誇ります。
 そうした中で、JA共済連和歌山では地域社会との絆を強化し、健康で安心して暮らせる豊かな環境づくりを目的に、職員自らの手で森林を育て保全する「JA共済 絆の森(日高川町)」森林保全活動を実施。地元の方々の協力を得ながら、年に一度、ボランティア活動に汗を流しています。

お問い合わせ

お問い合わせ・
連絡先
担当者イメージ
JA共済連和歌山
〒640-8331
和歌山県和歌山市美園町五丁目1番地の1
和歌山県JAビル
073-488-5604
担当部署名/担当名 管理部 総務課/課長 阪井 園子 
最寄駅 JR和歌山駅下車 徒歩2分

エントリー