紀州農業協同組合

トップへ戻る

採用学歴:

  • 大学院
  • 大学
  • 短大
  • 高専
  • 専門
 

紀州農業協同組合
キシュウノウギョウキョウドウクミアイ

エントリー
業種 サービス/その他サービス
本社所在地 和歌山県 御坊市 湯川町財部668-1 地図
関連リンク
ここがポイント!
  • 農業と地域発展を目指し金融・共済・販売・営農等 幅広い事業を展開
  • 花卉、果実、野菜など年間を通して多彩な農業生産が活発な地域
  • 温暖な気候と恵まれた地形により、新たな農業生産の可能性も秘めている

企業からのお知らせ

2017.10.16

JA紀州からのお知らせです♪

JA紀州の採用ページをご覧いただきありがとうございます。
現在、採用募集は行っておりません。

多彩な生産品種が可能な豊かな環境で住民の暮らしの基盤を支える

紀州農業協同組合

和歌山県の中央に位置する御坊市、日高郡6町、田辺市龍神村という広いエリアを管轄しているのがJA紀州。海、川、山が揃った自然豊かな環境と温暖で穏やかな気候により、1年を通じて多彩な農産物を生育するのに適した地域です。スターチス(花)、南高梅、うすいえんどうなど、日本一の生産量を誇る生産物も多く、また、ミニトマト。小玉すいか、はっさくをはじめとする各種柑橘類、かすみ草など花卉の国内有数の産地としてもよく知られ、また新しい農産物の生育や改良などのチャレンジにも適しています。
地域の農業の可能性の大きさに比例して、求められる役割もできるサポートも幅広いのがJA紀州の特長。これからの農業、これからの地域の未来を支えるための、あらゆる仕事がJA紀州にあります。

設立 2014年 4月
資本金 37億889万円
代表者名 代表理事組合長 久保 秀夫
従業員数 737人 (2016年12月実績) ( 男:410人/ 女:327人)
平均年齢 39歳
株式公開 非公開
事業内容 ■信用事業
貯金、融資、為替業務などの銀行業務

■共済事業
生命保険、損害保険、自動車保険などの保険業務

■購買事業
農業や生活資材の受入・供給などの業務

■販売事業
農産物の集荷・販売

■営農指導事業
農家の栽培技術に関する指導・相談等
事業所 御坊市、日高郡、田辺市龍神村に11支店、6出張所、その他事業所
グループ会社・関連会社 JA紀州コンビニ株式会社(子会社)
沿革
2014年 4月
JA紀州中央、JAグリーン日高、JAみなべいなみの3JAが合併した新生JAです。
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 8.8日
前年度の育児休業取得対象者数(男女別) 14人(うち女性6人、男性8人 2016年度実績)
前年度の育児休業取得者数(男女別) 6人(うち女性6人、男性0人 2016年度実績)

理念・方針

理念・方針
代表理事組合長 久保秀夫
<農>を核にした、地域の活性化とインフラサポート

JA紀州の経営理念は<志を高く絆を深く、魅力ある『農』と『地域』を未来に繋ぐこと>。地域農業の振興と農業所得の向上を様々なベクトルによる各種サポートで図る一方、地域の安心で便利なライフスタイルを実現すべく、基幹となって生活インフラ整備し、地域社会のさらなる発展をめざすべく、日々活動しています。
その方策の1つとして現在取り組んでいるのがJA紀州ブランドの確立。営農販売センターを核として生産から販売までを一括運営できるトータルシステムを構築し、「JA紀州」発信の商品品質や情報の信頼性を高めることにより消費者への訴求力をより一層アピール。
また、コンビニエンスストアのフランチャイズ出店事業も積極的に展開し、Aコープと並んで地域の暮らしの拠点づくりを推進。一方、<とくし丸>といった移動購買車を稼働させ、高齢化が進む地域ならではの利便性と快適性の向上にも取り組んでいます。

事業内容

事業内容
自分の能力と可能性が拡がる幅広い業務と職種

JAはあらゆる業種、あらゆる職種が揃った総合フィールド。地域に根ざした金融・保険業務を担う『信用事業』『共済事業』をはじめ、地域農業の振興を支援する『営農指導事業』、地域の農産物や特産物の販売を通して農家の所得拡大に貢献する『販売事業』、新鮮かつ安心・安全な地元の「食」を支える『産直事業』、魅力ある商品開発を推進する『加工事業』、農業資材や快適な生活資材を提供する『購買事業』、葬儀場運営の『葬祭事業』、Aコープやコンビニエンスストア、移動購買車で地域の生活拠点づくりを推進する『店舗事業』、地域交流と活性化を深める各種イベントを企画運営する『くらしの活動事業』『地域貢献活動』など多岐多彩にわたった各事業が存在し、それぞれに営業、事務、企画、専門職など各人の能力を活かせる幅広いワークスタイルがあるのが特長です。どの部署もどの職務も、地域の仕事や暮らしを支え、活性化と未来創りを担うやりがいのある内容。本人の希望や適性に応じて、その能力を存分に発揮していただけます。

地域のために

地域のために
相互扶助の精神でこれからの<農>と<地域>を牽引する気概を!

農業という我が国の基幹産業を守りさらに未来に向けて発展させていく上でも、高齢化が進む地方を活性化させていくという観点からも、JAができることやすべきことのテリトリーは広がりつつあります。南高梅やうすいえんどう、ミニトマト、小玉すいかをはじめとする多彩な農産物における<JA紀州ブランド>の開発・生産や、梅もぎ体験などの各種イベント開催は、JA紀州の信用と認知度を地域に暮らす人々はもちろん、全国の消費者にも拡げつつ確たる絆を構築していかんとする未来を見据えた活動の一環です。
これからのJAを担う職員には、これまでのJAの相互扶助の精神を深く理解した上で固定観念には縛られることなく、柔軟に考えを出し、自主的に行動し、様々な方との円滑なコミュニケーションを通じて、最後まで己の職務に責任を持って取り組める方を期待します。

お問い合わせ

お問い合わせ・
連絡先
担当者イメージ
紀州農業協同組合
〒644-0011
和歌山県御坊市湯川町財部668-1
0738-22-0302
jinji@kisyu.jawink.ne.jp
担当部署名/担当名 総務部人事教育課 採用担当/課長 福岡 真人 
最寄駅 御坊駅(JR)、学門駅(紀州鉄道)

エントリー