ありだ農業協同組合

トップへ戻る

採用学歴:

  • 大学院
  • 大学
  • 短大
  • 高専
  • 専門
 

ありだ農業協同組合
アリダノウギョウキョウドウクミアイ

エントリー
業種 サービス/その他サービス
本社所在地 和歌山県 有田郡有田川町 天満47-1 地図
関連リンク
ここがポイント!
  • 有田エリアを管轄し、金融・共済、販売、営農、店舗運営等幅広い事業を展開
  • 『有田みかん』の生産地をサポート&発展させるやりがい
  • みかんを中心に、複合生産地としてのさらなる進化と元気な地域づくりを

企業からのお知らせ

2017.03.19

JAありだからのお知らせです♪

JAありだの採用ページをご覧いただきありがとうございます。

皆様のエントリー心よりお待ちしております。

有田みかんの産地としての誇りを掲げ さらなる生産高の向上と地域全体の飛躍を!

ありだ農業協同組合

「有田みかん」と「農業」を核にした元気な地域づくりに貢献する、という経営理念のもと、<元気な農業><元気な地域社会><元気なJA>の3つのビジョン実現を掲げ、地域の人々の仕事と暮らしを多方面からサポートする総合業務を担っているのがJAありだ。年間農業産出額200億円の維持と、地域ナンバーワンのシェアおよび信頼を獲得すべく、様々な取り組みを行っています。あなたのフレッシュな<元気>でこのありだを一緒にもっと盛り上げてみませんか。

設立 1999年
資本金 21億1,415万円
代表者名 代表理事組合長 三ツ橋 伸二
売上高 90億4,962万円 (2016年3月実績)
従業員数 378人 (2016年3月実績) ( 男:205人/ 女:173人)
平均年齢 38.6歳
株式公開 非公開
事業内容 ■信用事業
貯金、融資、為替業務などの金融業務

■共済事業
生命共済、建物共済、自動車共済などの共済業務

■購買事業
農業や生活資材の受入・供給などの業務

■販売事業
農産物の集荷・販売

■指導事業
農家の栽培技術、農業経営に関する指導や相談、食農教育、地域貢献活動等

■介護事業
訪問介護、福祉用具貸与などの業務
事業所 JAありだが活動するエリア、有田市、有田川町、湯浅町、広川町に7つの支所、6つの営農センターのほか選果場、給油所、ファーマーズマーケット、Aコープなど
沿革
1999年 10月
有田地区6JA(有田市・有田川・西有田・南広・有田中央・東有田)が合併、「ありだ農業協同組合」として発足。
前年度の育児休業取得対象者数(男女別) 11名(うち女性6名、男性5名 2015年度実績)
前年度の育児休業取得者数(男女別) 6名(うち女性6名 男性0名 2015年度実績)

理念

理念
代表理事組合長/三ツ橋 伸二
あなたの「元気」で地域を「元気」に!

JAありだの基本理念は「元気な農業」「元気な地域社会」「元気なJA」。 名実ともに全国有数のみかん産地としての地位を不動のものとし、有田みかんを核とした複合産地を形成・維持しつつ、地域との関わりを大切に、常に地域の仕事と暮らしに寄り添ったさまざまなサービスとサポートを実践しています。営農販売・指導・購買といった農業支援事業はもちろんのこと、貯蓄や資金対応などの信用事業(金融)や、将来への各種備えに対応する共済事業など、地域の人々のライフステージを細やかに支える総合事業を包括。それぞれの事業に営業・企画・販売・事務をはじめとするあらゆる職種が存在しているため、やりがいや充実感の幅広さもひとしお。  このフィールドで一緒にがんばってくれる方。農業やこの「ありだ」という地域に関心を持っていただき、好きになっていただける方。そして、常に前向きにこの地域の将来を一緒に創ってくださる方。私達はそんな新しいパワーに出会いたいと願っています。

今後の展望

今後の展望
有田みかんを柱にした地域の発展を牽引&支援

全国にみかんの産地は数あれど、JAありだの管内である和歌山県有田郡市は温州みかんの生産量日本一の地域です。毎年85000〜90000トンの生産量と管内農業産出額200億円を実現し、農業が地域経済を支える産業として確立されています。有田郡市の山一面に築かれた石積みの段々畑で耕作され、400年以上もの間、この地で途切れることなく脈々と受け継がれてきたこのみかん作りという生業をさらに未来へと繋ぎ、また、全国有数の生産量を誇る山椒をはじめ、その他の農産物についてもさらに発展させて生産農家の所得向上を図り、元気な地域社会を構築してゆくことこそがJAありだの使命。地域のJAとしての機能をしっかりと発揮しつつ、組合員だけでなく地域全体に頼られるポジションとなれるよう、既存事業の充実はもちろん、新たな商品開発や生産物の質向上システムの構築にもより一層努めていきたいと考えています。

地域のための様々な事業

地域のための様々な事業
生産農家と。地域と。全国の消費者と。信頼を絆に。

JAありだでは、各支所に<暮らしの担当者>を配置。地域で開催される食育イベントをはじめ、様々なイベントやサークル活動の窓口となって、JAと地域の人々を繋げるムーブメントを率先またはサポートしています。 一方で、400年の歴史を誇る有田みかんの生産地としての優れた生産・出荷組織の構築を目的に最新鋭の選果システムを導入した、AQ中央選果場の規模をさらに拡大。ラインを増やすことにより、品質のよい商品出荷の効率化と迅速な消費者対応を可能にし、消費者に信頼される安全で高品質な果実生産出荷体制を確立。全国の消費者から“ありだブランド”に寄せられる品質の高さを確固たるものとし、有田みかんの認知向上・販路拡大に繋げています。いずれも内外へのリレーションを密に取りながら、よりよい地域づくりをしていくための活動の一環。今後も<ありだ>ブランドの価値をさらに拡大・昇華させていくべく、既存の事業だけでなく多様な取り組みをしていきたいと考えています。

お問い合わせ

お問い合わせ・
連絡先
担当者イメージ
ありだ農業協同組合
〒643-0032
和歌山県有田郡有田川町天満47-1
0737-53-2312
sogokikaku@arida.jawink.ne.jp
担当部署名/担当名 総合企画部 人事課/課長 澤崎 弘樹 

エントリー