紀南農業協同組合

トップへ戻る

採用学歴:

  • 大学院
  • 大学
  • 短大
  • 高専
  • 専門
 

紀南農業協同組合
キナンノウギョウキョウドウクミアイ

エントリー
業種 サービス/その他サービス
本社所在地 和歌山県 田辺市 朝日ヶ丘24‐17
関連リンク
ここがポイント!
  • 和歌山南部の温暖な地域を包括する近畿で管内エリアが最も大きなJA
  • 農業と地域振興を礎とし、金融・共済、生産販売、加工など地域を支える幅広い事業展開
  • 和歌山から全国へ、世界へと安心・安全な「食」と「暮らし」へのアプローチを拡大中

企業からのお知らせ

2017.06.09

JA紀南のページにお越し下さりありがとうございます。

JA紀南の採用ページをご覧いただきありがとうございます。

9月に新規採用職員2次募集を予定しております。
詳しい日程等決まり次第、U‐Roadおよびホームページに掲載いたします。皆様のエントリー心よりお待ちしております。

本州最南端!農産業と地域を発展・活性化する多彩な業務がここに。

紀南農業協同組合

県内で最も広い包括エリアを擁するJA紀南。 年間を通して温暖な気候を生かし、和歌山特産として知名度の高い南高梅やみかん以外にも各種野菜や茶・花卉類の生産が盛んな地域です。 それゆえ地域で期待され、また果たすべき役割は大きく、業務の内容も幅広いのがJA紀南ならではの特長です。

設立 2003年
資本金 46億9,837万円
代表者名 代表理事組合長 本田 勉
売上高 189億9,273万円 (2016年3月実績)
従業員数 517人 (2016年3月実績) ( 男:401人/ 女:116人)
平均年齢 39.1歳
株式公開 非公開
事業内容 金融事業、共済事業、購買事業、販売事業、加工事業、営農指導事業、生活事業、店舗事業等
事業所  JA紀南が活動するエリアは、田辺市(龍神村・本宮町を除く)、白浜町、上富田町、すさみ町、串本町(旧古座町を除く)で、そのエリアに18の支所(営業所)のほか、選果場、加工場、購買センター、農機センター、SS、Aコープ、葬祭センター、介護事業所があります。
沿革
2003年 4月
田辺市・西牟婁郡の9つのJAが合併して誕生
月平均所定外労働時間(前年度実績) 22時間(2015年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 4.5日(2015年度実績)

概要と今後の展望

概要と今後の展望
相互扶助の精神で生産者と消費者をつなぐ!

本州最南端の地域一円は平地が少なく中山間地が多くを占めるものの、特産として知られる梅やみかんをはじめ果樹を基幹とした多様な農産物が生産できる温暖な気候と環境に恵まれた、農業の活発な地域です。 この地域の農業を基軸とした地域農業協同組合として、信用・共済、購買、販売、加工、店舗運営、営農指導、地域イベントの運営等、地域の農業振興と活性化にかかわる幅広い業務を網羅しているのがJA紀南です。 情報化・ネットワーク化が進んだ昨今、安全な食への関心がますます高まっており、また同時に、農産物の流通のあり方や情報の共有の仕方なども徐々に変化しつつあります。 そんな中、一農家一個人ではできることには限りがありますが、よりよい農業生産環境の構築と維持を「相互扶助」で可能にしていくことが私たちの務めだと心得ます。 生産者が安心して生産でき、消費者が安心して消費できる社会をつくり維持していくために、今後JAに期待される課題と果たすべき役割は小さくありません。

幅広い業務内容

幅広い業務内容
多様な業種と職種がつまった魅惑のワークフィールド!

JA紀南は業務内容も幅広く、貯金や融資、共済(保険)を取り扱う金融共済、営農指導や農作物の販売出荷、各種資材の購買、直販所や店舗の運営、地域との交流と活性化を深める各種イベントの企画運営などその内容も多岐にわたっています。 中でも加工事業に注力しているのは紀南ならではの特色の1つで、40年以上蓄積されたノウハウを生かし、社会の嗜好に合わせて新商品の開発や展開なども積極的に行っています。また農産物についても生産履歴や証明書などで安全と安心を明示可能にするなど、社会ニーズに合わせて業務内容を進化・改善してきました。 幅広い業務の中で多様に経験を積んで自分を成長させ、地域の発展に貢献できる多彩な業種が集う場所。それがJA紀南というワークフィールドです。

求める人材

求める人材
地域でのふれあいや仕事を通じ「5C」の職員像を実現

JAでは経営理念やビジョンの実現、経営戦略の遂行のために必要な人材育成の指針となる職員像「5C」を掲げ、職員の自己形成の目標としています。 5Cとは、Cooperative(協同組合の相互扶助の理念を大切に)、Communication(コミュニケーションを大切に)、Challenge(目標達成の意欲を大切に)、Competence(能力・スキル・知識の向上に励み)、Compliance(JA職員としての自覚とコンプライアンスの遵守・実践を大切に)、の5項目。JA紀南では職員一人一人がこの5つのCを常に心がけ実践できるよう日々の業務に取り組んでいます。 農業やJAを取り巻く情勢は決して楽観できるものばかりではありませんが、幅広い業務の中何にでも果敢に挑戦しすべての経験を吸収してステップアップをめざせる方、また相互扶助の心を宿した元気で明るく思いやりのある方に、今後のさらなる農業と地域の発展を担っていただきたいと考えています。

お問い合わせ

お問い合わせ・
連絡先
担当者イメージ
総務部 総務課
〒646-0027
和歌山県田辺市朝日ヶ丘24−17
0739-23-3450
n-ohira@ja-kinan.or.jp
担当部署名/担当名 大平 仲幸 
最寄駅 JR紀伊田辺駅

エントリー